打楽器 ドラム 楽器の裏ワザ

パラディドルはコレから

実は最初に覚えるパラディドルは、最初に覚える割に、特にコツコツ練習が嫌い、力む人には難しいと思います。
一番簡単なのは6つ分のやつ。
R L R R L L

メチャクチャ単純なの2つ足すと
R L R R L L R L
※特に普段から速いロックが好きな人はこっちのがはるかに使いやすいと思いますよ。

R L R R L L (S S F F S S)
※(F)フロアを使うと(S)スネアだけに統一するより簡単です。

R L R R L ・ L ・
※こんなフレーズこそ役立ちます。
(「」は休符、隙間 )

で2拍分のフレーズに簡単になりました。
口の目安を言いながらが一番簡単。

練習方法(市販練習)

パッドのリバウンドはスネアに見立てるには不向き。細かい動きのシンバル向けです。
色々考えながら気づきながら…。効率の良い練習には長時間の本物ドラムは不向きです。音がデカすぎて頭は実際それどころじゃないです。本物ドラムの音をまんま聞きながら練習は長くて2時間ちょいくらい…。あとはイヤフォンするなりミュートするなりスナッピーつけないなり、自力で弱くゆっくりやるなり…。音を抑えた練習が必要になります。
ケツが痛くなる前に立ちながらも大事です。
立ち練習に向いてるほぼシンバルのみでの練習なんかも意外と楽しいです。

-打楽器 ドラム, 楽器の裏ワザ
-, ,

© 2020 BL-Music