BackStage SongBook

ドミニク・ミラー:アーカイブ動画


※字幕をONにして見て下さい

2019年2月27日(水)ボトムライン公演の告知
Dominic Miller(g) Ziv Ravitz(ds) Nicolas Fiszman(b) Mike Lindup(p) Santiago Arias(bandneon)

スティングのお抱えギタリストとして有名な「ドミニク・ミラーの」来日公演を本人が名古屋&ボトムラインに直々に告知する“蔵出し”貴重動画。しかも自宅でアコギを弾きながらのコメント。
このアコギがスティングの有名曲「シェイプ・オブ・マイ・ハート」のイントロを弾いてのスタート。ファンやギター・フリークにはたまらない。運指がハッキリ解る教則ビデオでもある!

バンドは、イスラエル、ベルギー、イギリスなど世界各国から日本に集結した選りすぐりのミュージシャン達。パーカッションも兼ねたドラマーやバンドネオン奏者も参加。さすがピアソラの国アルゼンチン出身、ドミニクが選んだメンバーだ。
ドミニクのナイロン弦は美しくテクニカルで、ワールド・ミュージックのスパイスやジャズ的な要素もあり、ちょっとパット・メセニーに通じる音楽性を感じた。それでいて、パットのように前面に出るのではなく、あくまでも音楽の一要素を形成しながらバンド・リーダーとして重要な役割を果たし、しかも全体として耳に馴染むポップでもあるのが流石だ。
ちょうど、ボトムラインが新しいデジタル・スピーカを導入した時期でもあって、バンドの持つ音の良さが、より引き立っていた。
オーディエンスは口々に「ものすごく癒やされた」「世界観にどっぷりつかった、素晴らしい!」と、絶賛の声だった。

そのボトムラインの地下にある居酒屋「べんがらや」でドミニク・ミラーと酒を飲み交わしたボス。意気投合した二人のほろ酔いツー・ショット。

-BackStage, SongBook
-, , ,

© 2020 BL-Music