トレンド ブログ

【音楽】この手があったか!時代ごとの錬金術①

作家とか音楽アーティストもご承知のように元々当たれば印税が掛け算ですごい事になります。…が、時代時代で、変化してるのが面白いです。

昭和

矢沢永吉は、35億の債務返済したというように、昭和のアーティストではガチ成り上がりパターン。
歌謡曲華々しい中で、ロッカーがランキング入りして錬金した先駆者でも有る。
そして、彼は昭和で最も大きな錬金術を偶然成し遂げた。
それは、レコード会社移籍&移籍料を始めて確立した事だ。(スポーツマンのトレード制を音楽に持ち込んだ)
<キャロル>のデビュー時代に、長期契約をしたばかりに契約解除が出来なくなり、その多額の違約金を支払うのが目的だったのだが。見事新レコードメーカーで移籍料を手にして違約金を払う事が出来たのだった。
偶然の産物ではあったが、その後「大物アーティストの移籍料」が一般化したのであった。

平成になりインディーズ・アーティスト

IT革命始まる…モンパチ(モンゴル800)が成功させて、多くが右へ倣えした。
流通革命!
メジャー契約しないと、宣伝力がなくて世に出れなかったのが、ネットで自ら宣伝。メジャー契約の場合本人に入るお金は数パーセント。ネット直販すれば100%です。(契約無し&レコード販売流通も変えた)モンパチが全員沖縄の親の家を建て替えたのは瞬く間に有名に。

※現在は一度メジャーに成ったアーティストも独立してインディーズに成る人も出てきてます。

令和になり、またまた新たなアーティスト達が。

日本の音楽史上最も稼ぐアーティストが出てきました。
ワンオク(ONE OK ROCK)です。
彼らの功績でアミューズは77年設立以来過去最高益出しました。日本国内→世界マーケットへ出たからです。ネットが出てグローバルになりました。アーティストに限らずゲーム音楽やアニメ音楽も世界マーケットです。

最後に、注目するのが米津玄師です。
彼は公式YouTubeチャンネルを持っています。
イタチごっこで他人が楽曲を勝手にアップして泣き寝入りなのですが、公式はすごい!やはり公式へと誘導されます。
480万人登録。♫Lemonは5.3億回再生(日本人の人口の4倍、米国人口超えてます)
米津玄師のそのカラクリとは…(後編に続く)
>>米津玄師 YouTube Channel

by KURA

■関連記事
【音楽】この手があったか!時代ごとの錬金術②

-トレンド, ブログ
-, , , ,

© 2020 BL-Music