ブログ

2020/07/07

オフコース:私の人生を変えたスーパー・グループ②(第1章)
※本文内の氏名はすべて敬称略とさせていただきます 【二人のオフコース】 <オフ・コース>として小田和正、鈴木康博のデュオ・グループが本格デビューした…

2020/07/02

奇跡のライブハウス公演<山下達郎 LIVE at THE BOTTOM LINE>
2014年10月10日、奇跡的なライヴ・ステージが組まれた。 全国1ヶ所だけのライブハウス公演が、名古屋ボトムラインで行われたのだ。 ファンにとっては超ミラクルな出来事。…

2020/06/23

山下達郎:こだわりのサウンド・メイキング
山下達郎は音創りに関しても折り紙付き。コーラスを自ら多重録音した“一人アカペラ”や、あらゆる楽器の編曲もしてしまう、その才能は“音の職人”とも言われている。更にア…

2020/06/22

吉田拓郎というジャンル③
吉田拓郎の楽曲には、純朴で日本の原風景的な光景を思い起こさせるものがいくつかある。 きっと本人は自分の経験を歌にしただけなのだろうが、これらを聴くと自…

2020/06/15

山下達郎:時代を超えた“永遠のシティポップ”
シティポップの代表格<山下達郎> 英国ロンドンのラジオ局が『山下達郎特集』2時間番組を放送した記事をご紹介しよう。 >>https://www.arban-mag.com/article/54412 令和…

2020/06/10

オフコース:私の人生を変えたスーパー・グループ①
小田和正を中心とした伝説のグループ〈オフコース〉は、1969年から1989年までの30年間活動した。初期〜後期まで、音楽性やメンバー・チェンジ等多くの変遷を経て「さよなら…

2020/05/23

吉田拓郎というジャンル②
吉田拓郎の代表的なアルバムといえば、『元気です』(1972年発表)『LIVE’73』(1973年発表)などを挙げるファンも多いだろう。 これらの作品が、日本の音楽史上において伝説…

2020/05/22

Scott Henderson(スコット・ヘンダーソン)≠スコヘン=チョーヘン!
貴重なバックステージ・ネタを提供している海外アーティスト招聘の中村氏から、少々ヤバい激裏情報が届いた。今回は編集長の責任において、無修正のまま掲載します(笑) 人…

2020/05/16

日本の音楽は松原正樹ギター・サウンド中心と云っても過言ではない
故・松原正樹(2016年没)で過去の人になってしまったが、日本の音楽産業への貢献度は偉大だ。 音楽がビジネス化され、音楽高度成長と共に松原正樹サウンドがあった。 荒井(…

2020/05/12

孤高の戦士:エディ・ジョブソン
2009年<UKZ>を招聘し、来日ジャパン・ツアーを取りまとめた中村尚樹氏によるライヴ・レポートとエディ・ジョブソンにフォーカスしたコラムだ。 ※名古屋ボトムラインでのラ…

2020/05/07

アラン・パーソンズ:北米ツアー帯同手記
アラン・パーソンズを来日させよう! 海外アーティストの招聘で国内外で活動している中村氏から、今回は海外ツアーのエピソードを紹介してもらった。Alan Parsons(アラン・…

2020/05/02

コッラード・ルスティーチ:ギタリストである以上に敏腕プロデューサー!
2010年、Corrado Rustici(コッラード・ルスティーチ)のトリオを招聘しツアーを取りまとめた中村尚樹氏によるライヴ・レポートと、コッラードへの貴重な最新インタビュー! ※…

お問い合わせ | プライバシー・ポリシー

Copyrights(C) BL-Music., all rights reserved.