オススメ情報

2020/07/15

キング・クリムゾン|キース・ティペット‖エルトン・ディーン|ソフト・マシーン
ちょうど1ヶ月前の2020年6月15日、英国ジャズ/ジャズ・ロック・シーンを代表するピアニスト/作曲家、キース・ティペットが死去、享年72。 ー Keith Tippett, R.I.P. ー …

2020/07/06

パット・メセニー:アイバニーズ(Ibanez)モデルについて語る
パット・メセニーが長い間メイン・ギターとして愛用しているアイバニーズのギターについて、出会いからツアーでの重宝ぶりを語ってくれた。 それだけでなく、彼にとってギタ…

2020/07/02

奇跡のライブハウス公演<山下達郎 LIVE at THE BOTTOM LINE>
2014年10月10日、奇跡的なライヴ・ステージが組まれた。 全国1ヶ所だけのライブハウス公演が、名古屋ボトムラインで行われたのだ。 ファンにとっては超ミラクルな出来事。…

2020/06/25

K-A-Zの重低音ギターを支えるProvidence“PEC-2”
スイッチャーのワールド・スタンダードと言えるProvidenceのPEC-2。 必要な機能はすべて網羅していながら、直感的な操作が可能で極めて扱いやすい点が世界的な人気の秘密。…

2020/06/23

山下達郎:こだわりのサウンド・メイキング
山下達郎は音創りに関しても折り紙付き。コーラスを自ら多重録音した“一人アカペラ”や、あらゆる楽器の編曲もしてしまう、その才能は“音の職人”とも言われている。更にア…

2020/06/22

吉田拓郎というジャンル③
吉田拓郎の楽曲には、純朴で日本の原風景的な光景を思い起こさせるものがいくつかある。 きっと本人は自分の経験を歌にしただけなのだろうが、これらを聴くと自…

2020/06/15

山下達郎:時代を超えた“永遠のシティポップ”
シティポップの代表格<山下達郎> 英国ロンドンのラジオ局が『山下達郎特集』2時間番組を放送した記事をご紹介しよう。 >>https://www.arban-mag.com/article/54412 令和…

2020/06/10

オフコース:私の人生を変えたスーパー・グループ①
小田和正を中心とした伝説のグループ〈オフコース〉は、1969年から1989年までの30年間活動した。初期〜後期まで、音楽性やメンバー・チェンジ等多くの変遷を経て「さよなら…

2020/05/23

吉田拓郎というジャンル②
吉田拓郎の代表的なアルバムといえば、『元気です』(1972年発表)『LIVE’73』(1973年発表)などを挙げるファンも多いだろう。 これらの作品が、日本の音楽史上において伝説…

2020/05/23

楽曲深掘り:スコア(譜面)編【まとめ記事】
BL-MusicのSONG BOOKの中でも、実際にスコア(譜面)を書き起こして深掘り解説した記事をまとめました。 ・「Lemon」米津玄師 ・「Journey to Harmony」菅野よう子/嵐 ・「…

2020/05/22

Scott Henderson(スコット・ヘンダーソン)≠スコヘン=チョーヘン!
貴重なバックステージ・ネタを提供している海外アーティスト招聘の中村氏から、少々ヤバい激裏情報が届いた。今回は編集長の責任において、無修正のまま掲載します(笑) 人…

2020/05/18

松原正樹が使い倒したスイッチャーの完成形Providence“PEC-2”
日本のほとんどの主要アーティストのレコーディングに関わったとも言われた故・松原正樹。’70年代後半~’80年代、彼がレコーディングに参加した楽曲たちは常に…

お問い合わせ | プライバシー・ポリシー

Copyrights(C) BL-Music., all rights reserved.